穴場出会い系探しは無駄?

出会い系は王道が一番だ!

会えるサイトとは?では、物理的に会えるサイトと現実的に会えるサイトの違い、そして無料出会い系が会えない理由について、こってりと書きました。もし未読の方は先にそちらから読んで下さると、この先がより理解しやすくなると思います。

 

と言うわけで、現実的に会える男女バランスになっているのは、無料出会い系でもなく、名も知れぬ中小の有料出会い系でもなく、有名な大手の有料出会い系だけ。これはもう絶対なのです。

 

ここで、わざわざ「有名な大手の」という冠を付けた意味を説明すると、有料出会い系の中にも本物の女性会員がいないサクラ満開の悪徳サイトが沢山あるからです。

 

男子を集めるだけだったら、ネットやエッチ本の安い広告で「セ○レ出会い系!人妻専門SNS!神待ち掲示板!」的な本能直撃型の宣伝を打てばいいだけ。僕ら男ってやつはそれだけで妄想を膨らませ、次々に参加してしまうのです(苦笑)

 

ちなみに、これらアダルト臭ムンムンのサイトは残念ながら、サクラしかいない悪徳出会い系そのもの、もしくはそんな悪徳サイトに誘導するためのダミーサイトの典型。なぜなら、そんな危ないサイトで相手を募集する女性なんて絶対いないからです。

 

女性の集客は男性ほど簡単ではありません。

 

ごく一部、「イケメン」「リッチ」などの言葉に反応して男性サクラ満開の悪徳出会い系に騙されてしまう女性もいるようですが、基本的に莫大なお金と手間と時間がかかるのです。なぜなら、女性が参加を決めるには「信頼性・安心感」が絶対に必要だからです。

 

例えば、女性に人気の全国誌「小悪魔ageha」「SEDA」「JELLY」などに広告を掲載する。全国主要都市で宣伝トラックを走らせる、ティッシュ配りで認知を広める、目立つ場所に大型看板を設置する。人気モデルを宣伝に起用する。ガールズコレクションなどのリアルイベントに協賛する。

 

こんな風にリアルの世界で健全な宣伝を繰り返し目にすることで、初めて信用してくれるわけですね。ネット上に転がっている安いニンジンにパクッと食いついてしまう僕ら男とは大違いです(苦笑)

 

そして、この規模の宣伝(大手は年間で数千万〜億とも言われる広告費を投入しているそう)を展開できる資金力があるのは、実績のある老舗の有名な大手有料出会い系だけなのです。

 

穴場出会い系なんて幻想だ

こうして、有名な大手有料出会い系は女性会員数をしっかり確保しています。その一方で有料となると、お金を絶対使いたくないという男性は参加しないので、男性会員数は抑制されます。ですから、男女バランスが優れた会える出会い系になるんですね。

 

と言うわけで、出会い系サイトは王道で行くのが一番!

 

僕が実際に大小50ほどのサイトに登録して確かめた経験からも、見事にこのセオリーが当てはまります。無料で簡単に会える穴場出会い系なんて探すだけ時間の無駄。その手の宣伝が多いのでつい信じたくなってしまいますが、そんなパラダイスは幻想に過ぎません。女性は王道にしか参加しないのです…。

 

そもそも、僕ら男はリアルで合コンに行ったって、パーティーに行ったってお金がかかるもの。また、2人きりのデートに持ち込むにはその場でうまく口説かなきゃいけないわけで、その成功率の低さは経験済みの方もいるはず。少なくとも、僕はその難しさを身に染みて知っています(苦笑)

 

それに比べたら、出会い系のコストなんて安いもんだし、成功率の高さはリアルの比じゃありません。そのかわり、あとはいかにコストを抑えて効率的に攻略するかを研究すればいいんですね。あ、ただし、向井理君のようなイケメン君だったら、リアルの成功率のほうが高いと思います(笑)

 

是非、最初に会える出会い系を選んで下さい。魚が住んでいないところで、延々と釣りをしているほど虚しいものはありませんよね(←昔の僕…)。

 

次のページ

会うための大切な心構えは?